【体験談】台湾・台北のエアビ(Airbnb)事情 激安エアビ(Airbnb)に泊まってみた 写真あり

こんにちは。とみざわです。

 

今回は初めて台湾の台北市に来たのですが、宿泊先としてホテルではなくエアビ(Airbnb)を予約しました。

 

ホテルだと1泊1万円〜2万円してしまいますが、エアビ(Airbnb)だと1泊5000円〜泊まることができます。安く済ませたいのならエアビ(Airbnb)をオススメしますし、暮らすように旅行したいと思うのならエアビ(Airbnb)がオススメです。

 

それでは台北のエアビ(Airbnb)事情を写真付きで解説していきます。

 

今回台北市内のエアビ(Airbnb)を予約したマンションはここ

今回予約した台北市内のエアビ(Airbnb)はここです。

https://www.airbnb.jp/rooms/14170304

 

エアビ(Airbnb)のホームページ内で公開されている写真も綺麗でしたし、バスタブもあったのでかなり希少物件でした。

 

プールもあったりジムもありました。台湾ではバスタブのある家は少ないようです。シャワー文化らしいですね。お風呂が好きな日本人にとってはバスタブはかなり貴重です。

 

プールもありますしジムもあるので高級マンションであることは間違い無いですね。価格も僕が泊まった時は1泊6700円と安かったです。二人で泊まったので1泊3350円でした。非常に安いですね!

 

エアビ(Airbnb)はマジで便利です。もし使ったことがなければ絶対に利用した方がいいです。ホテルに泊まるのも良いのですが、エアビ(Airbnb)でマンションやアパートを借りるとかなり安く宿泊できますし、暮らすように旅をできるのでオススメです。

 

もしエアビ(Airbnb)に登録していなければこちらで登録できます。ここから登録すると最大5,088円分のクーポンがもらえますよ。旅行代が割引されるのでぜひエアビ(Airbnb)を登録してみてください。もちろん登録無料です。

エアビ(Airbnb)はこちら

 

エアビ(Airbnb)メッセージのやり取りは基本英語 実際のやり取り公開

外国でエアビ(Airbnb)を借りる場合、メッセージのやり取りは基本的に英語になります。僕は一切英語が話せませんがGoogle翻訳などを使えばなんとかなります。

僕は最初に、「私は日本語しか話せません。英語が話せないので変な文章になっているかもしれませんが許してね」というメッセージをGoogle翻訳で変換して送りました。

 

そうしたら「OKOK!no problem!」というメッセージが来ました。「問題ないよ!安心して」ということです。

 

僕たちは日本人ですので英語が話せなくて当たり前です。でも多くの人は完璧に話そうと思ってしまいます。しかし大事なことは「伝われば良い」ということです。間違った英語でもあっちはちゃんと理解しようと頑張ってくれるのでこっちが心配しなくても大丈夫です。

 

僕は以下のような英文を送りました。

オーナー「空港から何で来るの?」

僕「MRTで行くよ」

オーナー「今まだ空港?」

という簡単な会話をします。これは全部Google翻訳を使って相手の意味を理解し、自分の言いたいことを翻訳して伝えています。Google翻訳様様です。

 

オーナー「地下鉄乗った?」

僕「うん!今ちょうど乗ったとところ!」

オーナー「OK!陳さんという人がマンションに待っているから台北駅に着いたら連絡ちょうだい」

僕「わかった!ありがとう!」

というような会話をしています。

 

そして僕らもエアビ(Airbnb)のマンションに着いて陳さんという人と会って鍵を受け取りマンションの使い方の説明を受けました。陳さんは台湾人なので日本語は話せません。ですが彼もGoogle翻訳を使って僕らとやり取りをしました。言葉が話せなくても知恵を振り絞ってなんとかするのもです。

外国語が話せなくてもなんとかなるということを改めて感じました。

 

写真公開 実際に泊まった台北のエアビ(Airbnb)

今回台北に泊まったエアビ(Airbnb)は中山区という繁華街にあるマンションでした。周りには飲食店もありますし、足つぼマッサージ店もたくさんあります。駅も近いのでかなり便利でした。

台北駅からタクシーで10分以内なので利便性はとても良かったです。

 

このような高級マンションです。外観も綺麗ですしロビーも綺麗です。ロビーにはホテルマンのようなスタッフも駐在しているのでセキュリティ面で安心ですね。おそらくここはホテルとアパートの中間みたいなマンションだと思います。自分も住んでも良いし、人にも貸していい。そんな感じもマンションでした。

地元の人も「このマンションはいいよ!いいとこ予約したね!」というくらいいいマンションみたいです。

 

マンションの中に入るにはこのようなセンサーキーをかざさないとドアが開きません。セキュリティも万全なので女性でも安心です。

 

エアビ(Airbnb)のマンション内部

広めのリビングです。エアコンは3台も付いているのでかなり涼しいです。

 

テレビも付いています。

ソファーも大きめなのでゆったりと過ごせますね!

 

他の部屋にもベッドがあります。この部屋であれば家族と一緒でも快適です。

予備の布団も置いてあるのでリビングで4人寝てこの部屋で2人寝れば6人でも行くことができます。6人だったら1泊1120円です(笑)めっちゃ安いですね!

 

 

 

台湾では珍しいバスタブです。バスタブがある物件はかなり少ないようですね。バスバブを設置するとカビが発生する原因になるようなのでない家が多いみたいです。

日本人はお風呂に入って疲れを取りたいのでバスタブがある部屋はありがたいですよね。

 

トイレはウォシュレットではないですが綺麗でした。

 

 

キッチンも完備です。包丁やコップやお皿など最低限の食器はありますし、冷蔵庫もあります。暮らすように旅行ができますね!

 

 

こんな感じで2人分くらいの食器は置いてあります。

 

 

ゴミ袋やティッシュペーパーもたくさん置いてあります。

 

電子レンジも置いてあります。至れり尽くせりという感じです。

 

 

近くには「雙城街夜市」があります。

今回借りたエアビ(Airbnb)から歩いて2分くらいに雙城街夜市という夜市がありました。そんなに大きな夜市ではありませんが、歩いて行けるというのは嬉しいです。

台北の夜市は活気がありみんな楽しそうです。

 

座って食べる人もいれば持ち帰る人もいます。台湾は外食が盛んです。家にキッチンがないところも多いみたいで家でご飯を作るということもあまりないと聞きました。ですので夜市や食堂でお持ち帰りする人が多いみたいです。

台北にはとにかく飲食店が多いです。

 

美味しい火鍋屋もあります

今回借りたエアビ(Airbnb)の近くには美味しい火鍋屋もありました。外観は高級そうに見えるのですがそんなに高くありませんし多くの人で賑わっています。

Top One Pot (這一鍋 台北中山北殿)という火鍋屋です。


2種類の味を楽しめます。

左は辛いやつです。右は豚骨みたいなやつです。どっちも旨いです。

 

 

店内は綺麗です。とりあえず台湾ビールですね!価格も安めなのでお金は気にせずたべれますよ。

 

 

 

Top One Pot (這一鍋 台北中山北殿)という鍋屋はオススメなので中山区の方に行ったら入ってみてください。高級そうで入りづらい店なのですが、入ってみると陽気なスタッフが待っています。英語も少し通じますし、カタコトの日本語もイケるので安心ですよ。

 

台湾・台北のエアビ(Airbnb)事情 まとめ

台北にはエアビ(Airbnb)がたくさんあります。めっちゃ安いところもあれば高めのところもあります。僕らが今回泊まったところは1泊6700円(時期によって変動)でしたので安めですが、かなり良かったです。

 

台北のエアビ(Airbnb)はレベル高いと思います。

 

日本だったらもっと高いしクオリティが低い思うのですが、台北のエアビ(Airbnb)はかなりいいですね!次回台北に来るときも間違いなくエアビ(Airbnb)です。ホテルは高いし暮らすように旅行ができないので個人的には避けたいところです。

 

「台北のエアビ(Airbnb)はどうかな?気になるけど不安だな」と思う人もいるかもしれませんが、そこまで心配しなくて大丈夫です。評価の高いエアビ(Airbnb)であれば間違いなく良いですよ!

 

「持ち主とのやり取りが不安」と思うかもしれませんが、Google翻訳やボイストラ(無料アプリ)という翻訳アプリを使えば意外と話せるものです。そこまで心配しなくても大丈夫です。というか旅行なので少しハードルがあることをした方が楽しいと思います。こんな時こそ普段できないことに挑戦したいですね!

 

エアビ(Airbnb)はここから登録すると最大5,088分のクーポンがもらえるので登録してみてください。宿泊するときにクーポン番号を入力すると割引されます。

エアビ(Airbnb)の登録はこちら