デジタル商品を作って収益を上げる方法

お富です。

先日、安倍総理の記者会見を見ていました。

その中で「戦後最大の危機」と言っていましたね。

 

おそらくこれに関して
多くの人が同感するのではないでしょうか。

 

どこで影響があるか全くわからない状態です。
本当に危機的な状態にあるのだと強く感じています。

 

これから倒産、閉店する企業は増えてきて
それに伴い失業者も増えてくるはずです。
フリーランスも大変です。

 

ですが、全てをネガティブに捉えるのではなく
これを機に働き方、生き方、考え方を変える
チャンスと捉えることもいいのではないでしょうか。

 

江戸時代が終わり
明治時代に突入した明治維新は
世の中がガラッと変わりました。

 

それまでは武士が日本を納めていましたが
明治になってからは才能ある人が力を持ちました。

 

農民、商人、下級武士でも才能があれば登用され偉くなりましたし
商売を始めて成功する人も出てきました。

 

江戸時代は農民は生涯農民として生きていかないといけませんでした。
しかも子も孫もその家系は代々農民として生きてことが決まっていました。

 

でも明治維新になり
才ある農民も登用され偉くなれるチャンスが来たのです。

 

今もなんかそれに似ている気がします。
世の中をガラッと変える時期に来ているのだと感じています。

 

もう部長とか課長などの肩書きも無意味になり
本当に実力がある人だけが生き残っていく時に来たのではないでしょうか。

 

常に勉強し、
失敗を恐れず行動している人が
成功できるチャンスが到来しているのだと思います。

 

今は、ある人にとっては悲劇的な状態ですが
ある人にとっては絶好のチャンスです。

 

明治維新で言えば、
武士にとっては悲劇
農民にとってはチャンス
という感じでしょう。

 

 

今、多くの人が生き方を変え、
人生を大きく変えるチャンスが到来しています。

だってそう思いませんか?

世界的に全てをリセットするような出来事が今起こっているのです。

今までにニューヨーク封鎖という
ビッグな出来事はあったでしょうか?

日本でも緊急事態宣言がされ
東京から人が消えるような
あり得ない事態になったことがあるでしょうか?

残念ですが、これによって多くの企業や商店が潰れます。

 

ということは、
今まであったものが無くなり、
これから新しいものが出来上がります。

 

これをチャンスだと思い、
今から必死で取り組まないといけません。

 

日本を含め、世界は必ずV字回復します。
時間はかかるかもしれませんが
必ずVの字を描いて上昇していきます。

底を突き、いきなり上昇に転じてくるはずです。

 

そこに自分が乗っていられるか。
ということに焦点を合わせるようにしたいですね。

 

そのためにもポジティブなハートを持ち、
今できることをやっていきましょう。

 

今できることに
「働き方」「稼ぎ方」を変える
というのがあります。

 

まず働き方としては、
自宅でできる仕事をして、
収益を上げられるようになるといいですね。

 

例えばクラウドワークスやランサーズでは
文章を書く仕事や動画編集する仕事もあります。

 

そういったところで仕事をして
収入を得るというのもいいことだと思います。

 

仕事を発注する人が多いと思いますが、
仕事を受けてみるというのもいいことです。

 

実際、今稼いでいるアフィリエイターの中には
勉強のためにクラウドワークスなどで
仕事を受けていた経験があります。

 

発注者がどのようなサイトを作っているのか、
どのように仕事を指示してくるのか、
どのようなマニュアルを用意しているのか、
ということを学ぶこともできます。

 

お金をもらいながら文章力を鍛えることができますので
こういった機会に仕事を受けてみると良いかもしれません。

 

 

もう一つ今できることとして、
デジタルコンテンツという資産を作っていくということもあります。

今の世の中は
デジタルコンテンツが多くなっています。

 

Amazonプライムビデオ、
Amazonミュージック、
Hulu、Netflix、U-NEXTなど
デジタルコンテンツを配信している企業は
売り上げを伸ばしています。

 

電子書籍も右肩上がりで
売り上げを伸ばしています。

 

雑誌や漫画やビジネス書なども
スマホで読む人が多くなっています。

 

今後もデジタルコンテンツは
さらに右肩上がりで上がっていくでしょう。

 

形ある物の売買だけでなく
形のないデジタル商品を売っていくということも
今後必要な仕事です。

 

では僕らが作れるデジタルコンテンツとは何かというと
一つが「Kindle」です。

KindleはAmazonが提供している電子書籍です。

 

無料で出版することができ、
売れればAmazonから収益をもらえます。

 

僕は数冊出版していますが
新卒会社員の給料分くらい毎月入ってきます。

 

今まで出版するとなると
出版社からのサポートがないとできませんでしたが
今は誰でも本を出版することができます。

 

今、コロナウイルスの影響で
仕事に行けなくなったり、
給料がもらえなくなったり、
中には解雇されてしまう人もいるかもしれません。

 

こういう時だからこそ
デジタル商品を作って収益を上げられるようになった方がいいですね。

 

Kindleというデジタルコンテンツを作ることも
絶対に良いことです。

 

収入源を複数作るようにすべきです。

 

 

しかしながらKindle出版の方法が
わからないという人もいると思います。
著者登録のところでつまずく人も多いです。

 

そこで今回はKindle出版の方法を解説した
動画講座を作ったのでご紹介します。

講座名は以下になります。

【完全無料でできる!】
Kindle出版と質の高いメルマガ読者を獲得する方法

今回はU-DEMYで講座を公開しました。

 

U-DEMYは動画で学べるプラットフォームです。

U-DEMYはアメリカの会社ですが
日本ではベネッセが運営しているサービスです。
信頼できる会社が運営しています。

 

今回の講座は
完全無料でKindle出版する方法を解説しています。

Kindleを出版するためには
どこかの業者に依頼しないといけないと思っている人もいます。

 

実際Kindle出版する人の中には
原稿を業者に作ってもらったり
表紙を業者に作ってもらっている人もいます。

そして業者に数万円〜数十万円払っている人もいます。

 

しかし、Kindle出版はたった一人で出版することができますし、
完全無料で出版することができます。

 

自宅にいながら執筆をして
今すぐ出版することができます。

 

そして印税という収入を得ることができます。

 

しかも質の高いメルマガ読者を獲得することもできるので
Kindleはとても良いデジタルコンテンツ販売です。

 

先ほど言ったように
世界中は激変しています。

 

働き方や稼ぎ方は
今までとは絶対変わってきます。

 

「会社に行って給料をもらう」
という生き方はすでに非常識になっており、

 

「自分の力で稼ぐ」
「複数の収入源を持つ」
というのが常識になっています。

 

複数の収入源を持つという意味で
Kindle出版もやるべきだと思います。

 

 

この講座は
通常24,000円するのですが、
4日間限定で1200円で受講できるようにしています。

こちらからアクセスすると割引価格で受講できます。

https://www.udemy.com/course/kindle-publish/?couponCode=KINDLE

4日後には24000円に戻ります。

もしあなたがKindleで収益を上げたいと思うのなら
ぜひ受講して欲しいと思います。

 

しゃべりは下手なので聞き苦しい点が多々あると思いますが、
この講座を受講すればあなたもKindle出版をすることができるでしょう。

 

講座では以下のことが学べます。

・税金を無税にするための著者登録方法
・書くネタがなくても大丈夫!初心者でも出版できるネタの探し方
・売れやすくする!センスの良い表紙を完全無料で作る方法
・Kindle出版のための原稿の書き方
・【ボーナスレクチャー】Kindleからメルマガ読者を獲得する方法

Kindleで収益を上げるための方法を詳しく解説しました。
この講座を受講してもらえればあなたも収益が上げられると信じています。

 

 

コロナウイルスの影響で、
これから働き方や稼ぎ方も変わっていくでしょう。

収入源を増やすためにも
ぜひKindle出版やメルマガも視野に入れて欲しいと思います。

【完全無料でできる!】
Kindle出版と質の高いメルマガ読者を獲得する方法

https://www.udemy.com/course/kindle-publish/?couponCode=KINDLE


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。