モチベーション低下・やる気アップは脳科学で解決できる

お富です。

モチベーションを維持するのは大変ですよね。

 

悪いニュースを見聞きすると
モチベーションは下がってしまいますし

なにかにつまづくと
モチベーションが下がってしまいます。

 

常にモチベーションを最高潮に維持するのは
とても難しいことです。

 

やる気が出ないときはどうのようにすれば
やる気をアップさせることができるでしょうか?

 

やる気を上げる方法は
脳科学で解決することができます。

 

人の思考は全て「脳」から発せられるので
脳の状態を良くすればモチベーションは上がるのです。

 

ではどのようにすればいいのでしょうか?
解決策を考えていきましょう。

 

と、その前に
「どうしてモチベーションが下がってしまうのか」
ここをまずは理解しておきましょう。

ここを理解することで解決策も理解しやすくなります。

 

 

【人は「見えないもの」に不安を感じる】

人は結果が見えないものに不安を感じます。

例えば「これを食べると健康になる」と言われても
結果はすぐに現れるものではありませんし
健康になっても自覚できないところがあります。

「酵素は体に良い」
「玄米は体に良い」

と言われますが
それを摂取してもすぐに何かが変わる訳ではありません。

 

6ヶ月、1年続けてみて
ようやく「そういえば調子いいかも」
となんとなく気づけるものです。

 

ここまで継続できるのは容易ではありません。

 

なので健康食品や
ダイエット食品は継続が難しいものです。

 

そのため即効性がある
「医薬品」に頼ることが多いのです。

 

人は結果が見えないことや
確実性のないものにどうしても不安を感じます。

 

ですので、
結果を見えやすくしたり、
自分の成長を見えるようにすると
モチベーションは維持しやすくなります。

 

そこを踏まえて
モチベーション維持の方法をお伝えします。

 

【1、報酬・ご褒美を用意する】

ゴールのないマラソンは苦痛ですし走る意欲も湧きません。

スタートがありゴールがあるからこそ
走ることができます。

 

仕事も一緒で、
「これを達成したら自分にご褒美をあげる」
というゴール地点を設けるといいでしょう。

 

「ここまで達成できたら欲しかったアレを買おう」
「ここまで達成できたら1日オフを作って昼間っからビールを飲もう」
「ここまで達成できたら1日オフを作って朝から晩まで漫画を読もう」

というご褒美を設定するとモチベーション維持に繋がります。

 

【2、プロセスを楽しむ】

またまたマラソンで例えますが、
スタートして一歩進んだらゴールだったらどうでしょうか。

バン!!

とスターターピストルが鳴って

一歩走ったらゴールテープに差し掛かる。

これだったらマラソンがつまらなすぎますね。

 

マラソンはゴールに辿りつくまでの苦しさや
ペース配分を考えることが楽しみでもあると思います。

 

仕事では目標達成にたどり着くまでの
自分の行動や成長に焦点を合わせることで
モチベーション維持に繋がります。

 

人生振り返ると感じることですが
苦しかった時の方が実は成長できたり
充実していたと思うことがあります。

 

ゴールに行くまでの苦しさに喜びを感じると
人生も仕事も楽しくなると思います。

 

【3、普段と違う体験をする】

「毎日が一緒」
「新しい発見がない」
「成長がない」

という日々は苦痛になります。

 

毎日同じことを繰り返していると
その行動が辛くなってきてます。

 

ですので、昨日と違う行動をすると
モチベーション維持に繋がります。

 

例えば記事を書くときも
「今日はこのカフェで」
「週末はキャンプ場で」

というふうに、環境を変えるだけでも
モチベーション維持に繋がります。

 

毎日同じ環境で仕事をせず
何かしら変えていくと楽しく仕事ができるはずです。

 

【4、音楽を聴く】

集中力を高めるには「シータ波」が
効果的と言われています。

 

脳波のひとつであるシータ波は、
「超・集中」している時の脳波と言われています。

 

シータ波が出ている音楽を聴きながら作業すると
集中力が高まり最高のパフォーマンスを引き出すことができるでしょう。

 

また、好きな音楽を聴くことで気分ノリノリになれるので
キーボードの上で指を踊らせることができるかもしれません。

 

音楽もモチベーション維持に繋がります。

 

【5、運動する】

うつ病の一つの原因は
血流が悪くなることがあるといいます。

 

ストレスを溜めると血液がドロドロになり
脳に新鮮な血と酸素が回らなくなるといいます。

 

そのため良い考えを持つことができず
気が滅入ってしまうようです。

 

モチベーションを上げるには
血流を良くすることが大事です。
そのためにも適度な運動は大事です。

 

日を浴びながらに
ウォーキング、ジョギングもいいですね。

 

僕は最近サーフィンにはまっていますが
サーフィンもオススメです。

 

海からエネルギーをもらえますし、
体幹が鍛えられるので健康にもなれます。

 

運動してから仕事をすると
パフォーマンスも上がりますね。

 

【6、とりあえず行動する】

僕は行動力があるタイプではありませんが
でも、行動するとやっぱりモチベーションアップします。

 

モチベーションが落ちる原因は
「つまんない」
というのがあると思います。

 

「退屈」というのは
百害あって一利なしだと思います。

 

「やる気出ない⇒行動しない⇒退屈⇒やる気出ない」

この悪循環を断ち切るためにも
小さなことでもいいので行動することがいいと思います。

 

例えば

・いつもと違うラーメン屋に行ってみる
・いつも選ばないラーメンを選んでみる
・いつもと違う道を走ってみる
・入りづらいショップに入ってみる
・40歳にしてピンポンダッシュしてみる

というかんじで、
いつもとは違う行動をすることで
新しい発見もあり、楽しみを見出せます。

 

「毎日が一緒」
「成長がない」
「発見がない」
「退屈」

これがモチベーションを下げる要因ですので
これを打開するために小さな行動をしてみるといいと思います。

 

ぜひこの6つのことを意識しながら
日々を過ごしてみてください。

 

モチベーションも維持でき
日々が楽しくなってくると思います。

 

それでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。