アフィリエイトで稼ぎたいならニッチ(隙間)なところを攻め、数をたくさん作る

こんにちは。お富こととみざわです。

 

最近、アフィリエイトは参入者も増えてきて稼ぎにくくなっているように感じます。以前は「アフィリエイト=危険」というイメージがあったので参入する人はそう多くありませんでしたが、今は手軽にできる副業として年々参入する人も増えてきています。

 

 

また、アフィリエイトの地位が世の中で確立してきているので、世間の目が厳しくなったり広告主やASPも厳しくなっています。以前より稼ぎにくくなっているのは事実です。

 

 

では、今後どのような戦略を立ててアフィリエイトを実践していけば良いのでしょうか?そのことについて今日は書いていこうと思います。

 

 

ライバルが少ない隙間を狙え

キャッシング、脱毛、エステ、健康食品などはライバルが多いジャンルです。大きく稼げるジャンルでもありますが激戦区なので挫折する人も多いです。僕も何回もこのジャンルに挑戦しましたがことごとく敗れました。今はこういったジャンルで頑張りたくないです。

 

 

ですので僕は今「ライバルが少ないジャンル」に絞って実践しています。ライバルが少ないジャンルとは「企業が参入できないアダルト系」「個人も参入したくないアダルト系」「報酬単価が低いジャンル」このようなところに参入し小さく稼ぐサイトをたくさん作るようにしています。

 

 

それではそれぞれ詳しく解説していきます。

 

 

企業が参入できないアダルト系

アダルト系をやりたくない人も多いと思いますが、ネットではやはりアダルト系はアクセスが集まりやすいです。収益も上げやすいジャンルです。

 

 

性の欲求は人間の三大欲求になっていますので、性的なことはこれからもずっと需要のあるジャンルです。

 

 

アダルト系は稼ぎやすいですが、企業はなかなか参入できません。その理由は会社がアダルト系のコンテンツに手を出してしまうと企業イメージが悪くなり他の事業に悪影響を及ぼしかねないからです。

 

 

真面目な事業をしている会社が別事業でアダルトジャンルを行なってしまうと、もしそれが噂になってしまうとその会社は危なくなってしまいます。ですので「アダルトは稼げる」とわかっていても参入しづらいです。会社が参入しにくいという点でもアダルト系は良いと思います。

 

 

また個人もアダルト系を毛嫌いする人が多いです。「アダルトやってまで稼ぎたくない」という人は結構多いので、そういった面から見てもアダルト系は実践者がそう多くないように感じます。

 

 

個人も参入したくないアダルト系

企業が参入しにくいアダルトジャンルですが、個人でもアダルトジャンルは実践したくない人が多いです。

 

そしてもっというと、強烈な性癖を前面に出しているアダルトジャンルはさらに参入者が少ないです。強烈な性癖とはヤバイプレーをしてしまうようなものです。

 

 

ほとんどの人は引いてしまうけど、その人たちは喜んで見入ってしまうような一部の人が愛している性癖になります。アダルト系も普通のアダルトだと稼げませんが、絞って絞って絞りまくるとライバルが減り需要も強くなるので稼ぎやすくなります。

 

 

個人でも「これはやりたくない」と思うような隙間を攻めていくと稼ぎやすくなります。

 

 

 

報酬単価が低いジャンル

食品系のアフィリエイトは意外と狙い目です。食品系のアフィリエイトは報酬単価が低いことやASPで取り扱いが少ないためライバルが少ない傾向にあります。

 

食品系アフィリエイトの報酬は、「購入金額の10%」というのが結構多いです。1000円の商品が売れたら100円という感じです。大きく稼げないのが特徴ですが売れる件数が多くなると報酬も増えていきます。

 

 

楽天で販売されている果物

 

例えば楽天で販売されている果物を見てみると上記のようなものがあります。最近は果物やスウィーツを通販する人も多いので需要はあります。

 

地元のスーパーでは手に入らないから楽天などの通販で購入するという人もいます。

 

 

一例として「マンゴー」を見てみましょう。

 

楽天アフィリエイトでマンゴーの報酬を見てみると購入金額の8%となっています。1000円の商品が売れたら80円。2000円の商品が売れたら160円。3000円の商品が売れたら240円・・・・10,000円の商品が売れたら800円という報酬がもらえます。

 

 

マンゴーは高額な果物なので5000円〜10000円で購入する人は多いです。自宅で食べる人やお中元、お歳暮で贈る人もいますのでマンゴーなどの高価な果物は通販で購入されやすいです。

 

 

こういった食品を選んでみると意外と稼げます。1個売っても大きく稼ぐことはできませんが、食品はずっと需要がありますし、多くの人が購入するものなので長い期間稼げるジャンルでもあります。

 

 

食品系のアフィリエイトも個人的にはオススメです。

 

 

僕はこのようなジャンルも実践しています。

 

もつ鍋通販ランキング

 

もつ鍋を実際に通販した体験談を書いているサイトです。このようなジャンルは自分でも美味しく食べることができますし、家族みんなで楽しむこともできます。そして、商品の写真や食べている時の写真を撮ればそれがコンテンツになり収益を生み出せることができます。

 

 

食品系アフィリエイトは楽しみながらアフィリエイトをすることができるのでオススメです。楽天にはたくさんの食品がある買われているのでぜひチェックしてみてください。

 

 

まとめ

アフィリエイトで稼ぎたいのなら隙間を狙っていくことは大事です。

 

実践者が少ないジャンル、誰も狙っていないキーワード

 

こういったところを自分で探して実践していけば稼ぎやすくなってきます。自分で頭を働かせて探し出してみてください。