新潟アフィリエイト実践会の様子とアフィリエイトモチベーション維持の方法 

こんにちは。とみざわです。

 

先日新潟でアフィリエイト実践会を行いました。僕が主催する「エクシードザリミット」(限界を超えるという意味)という会があるのですが、毎月平日1回週末1回集まってアフィリエイトの勉強や実践を行なったり、インターネット集客の勉強を行なったりしています。

 

現在メンバーは17名います。サイトアフィリエイトで月収300万稼いだ経験のある方、自分のサイトを400万円で売却した経験のある方、会社を経営されている方など様々な方が参加してくれています。遠くは大分、鳥取、神戸から参加されている方もいますし、横浜、東京の方も参加されています。新潟の方ももちろん参加されています。

 

【会の様子】

 

 

パソコンを開いて一緒に作業したり、自分が収益をあげているサイトを見てもらったりしています。アフィリエイトは孤独な作業ですので定期的に集まって作業できる環境は大事です。

 

今は「情報」がありふれているので、情報自体にはそんなに価値はないですが、同じ志を持つ仲間が集まって成長できる環境には価値があります。インターネットで完結してしまう世の中ですが、リアルに集まって成長できる環境はこれから大事になってきます。

 

7月23日(日)には新潟市内で開催しましたが、その時は10名の方が参加してくれました。講義時間や休憩時間に「こんなサイトが稼げてますよ」「こういった方法で過去に稼ぎましたよ」「そのサイト50万円くらいで売却できますよ」というような話も繰り広げられています。

 

その場に参加しないと聞けないような情報もたくさんありますし、参加者全員が頑張っているのでモチベーション維持にも繋がります。やっぱり集まり会うことは大事だなと実感しています。

 

今後も新潟でこのような会を継続していきたいと思います。7月か8月には新潟でアフィリエイター交流会みたいなものもやっていきたいと思います。酒を飲みながら交流できる会を開こうと思うのでもし興味があれば今後の情報をチェックしておいてください。

 

モチベーションを維持する方法

アフィリエイトはモチベーション維持が最大の仕事です。モチベーション維持ができれば稼げると思います。ずっとやる気のある状態であれば、毎日記事を書くことができますので結果的に収益も上がっていきます。

 

ですがほとんどの場合モチベーションが続かず挫折してしまいます。3ヶ月間、4ヶ月間毎日記事を書いてもアクセスがゼロということは今や当たり前です。毎日頑張っているのにまったく手応えがないという状況になったら誰でもモチベーションは下がります。

 

僕も新しいサイトを立ち上げる時は6ヶ月間はアクセス0を覚悟していますし、1年間は成約ゼロも覚悟してやっています。正直苦しいです。これに打ち勝つには何かしらの目的がないと続きません。

 

僕がどのようにしてモチベーションを維持しているかお伝えしていきたいと思います。

 

人と会うとモチベーションが上がる

たった一人。毎日パソコンに向かって仕事していたら誰でも病みます。「自由を手に入れる」という目標を掲げアフィリエイトを実践していても、毎日パソコン画面を見てたった一人カタカタとキーボードを打っていたら「生きる歓び」などありません。

 

ですので定期的に人と会った方がいいです。同じ志を持つ仲間と会うことも大事です。「エクシードザリミット」のようにインターネットビジネスで成功を目指す仲間と毎月会うことはモチベーション維持にもなります。

また、小学校時代、中学校時代、高校時代の仲間と会うこともモチベーション維持になります。僕は中学時代の仲間と会うことがあるのですが、そういった仲間とは仕事の話はほとんどしません。バカ話とか思い出話ばかりです。全くもって有益な会話がないです。

以前は「過去の仲間を捨てなければ自分も成長できない」と思っていました。でも今は「そうではない」と感じています。青春時代を共にした仲間は大事にした方がいいですね。お互い生きる道は違っても、過去に戻れる仲間は大事です。

人と会い、笑えるという環境を持つことがモチベーション維持に繋がります。

 

「あいつらとまた会いたい」「次会った時はあのことを話そう」というように、会える喜びがあるとモチベーション維持にもなります。

 

自分の経験を人に教えるとモチベーションが上がる

人は成長する生き物です。

赤ちゃんであればハイハイして、つかまり立ちして、歩けるようになります。確実に成長します。そこに赤ちゃんを見守る親の存在があります。

親というのは、自分自身が成長するより子供が成長することを喜びます。人間にはもともと「人を助けたい」という本能があるのかもしれません。人を助けて、その人が成長すると自分も喜べるということがあります。

 

僕自身も「自分の知っていることを伝えて、その人が喜んでくれると嬉しい」という感情があります。それは「相手のことを想う」とか「この人を助けたい」という美しい心を持っているのではなく、「俺は生きている価値がある」と認識したいからです。

 

自分が知っている情報を提供し、それでその人が稼げるようになったら、「俺のおかげであの人は稼げるようになった」という醜い心が働きます。それで自分の感情は満たされます。

 

心が満たされるとまた新しい情報を得ようとしますし、得た情報を提供してまた優越感に浸ります。これで自分のモチベーションは維持できます。

 

人は、人の成長のきっかけになると優越感に浸るためモチベーション維持にも繋がるのです。「ああ。俺は生きている価値があるんだな」と認識できるのでまた頑張れます。

 

ですので、自分の知っていることはどんどん提供した方がいいです。どうせインターネット上にはたくさんの情報がありふれているので隠す必要なんてないです。どんどん提供して自分の優越感に浸れるようにした方が自分のためにもなるのです。

 

「惜しみなく水を注ぐものは自分もまた惜しみなく水を注がれる」

ー 古代イスラエルの王 ソロモン ー

 

たくさん得たいならそれ以上に与えるってことが必要ですね。

 

 

 

我が子への遺言としてサイトを作る

何をするにしても「信念」が必要だと思います。

 

「この記事を書く理由はなんなのか?」「なぜ俺はこの記事を書くのか?」という理由を探し出す必要があります。

 

僕の場合は「我が子に遺言として残す」という思いで記事を書いています。

 

いずれは僕も死にます。死を見越して今のうちに自分の思いや学びを残しておこうと思うのです。自分の生きた軌跡をサイトとして残しておきたいと思います。そして我が子に箴言(教訓の言葉)を残したいと思います。

 

金のためだとモチベーションは維持できませんが、自分の大事な人のために行動すると思うとやる気は出ます。ですので記事を書く理由をしっかりと理解しておくと良いでしょう。

 

「なぜ俺はこのサイトを作るのか?」「なぜ今日この記事を書くのか?」それをしっかりと理解できるとモチベーション維持になります。

 

孫正義さんは「登る山を決めなさい」と言っています。登る山を決めずに登山ブーツを履き玄関を飛び出しても登頂できません。登る山を決めていないので当たり前です。

 

まずは登る山(目標・信念)を決め、そこに向かっていく必要があります。

 

目標や夢のない日々ほど辛いことはないです。目標を決め、なぜ自分はその目標を達成したいのかをしっかりと考えるべきです。そこが明確になると寝食を忘れるくらい夢中になります。ここが明確になると生きることが楽しくなります。

 

 

意味のある仕事をする

「今日の仕事が明日以降も金を生み出す」

これは自分がいつも考えていることです。

 

今日書いた記事が明日も明後日も半年後も一年後も読まれ続け、お金を生み出すということを考えながら仕事をしています。

 

ですので1記事書くのに1週間かかることもあります。ですがそれは1年後もお金を生むのであればその仕事は価値のある仕事です。

 

会社員は1日働けば1日分の金がもらえます。明日の金を稼ぎたいなら明日も会社に行かないといけません。これではずっと働きっぱなしです。別にそれが悪いということではないですが、楽にはなりません。

 

僕らアフィリエイターはネット上に資産を残すことを目的にします。今日書いた記事が資産となり、その資産が働き続けてくれる。ここを目指すべきです。そうすれば時間的裕福になるでしょう。

 

価値ある仕事を意識していきましょう。

 

 

 

ということで今日はアフィリエイト勉強会の様子とモチベーション維持の方法を書いてみました。参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。