モノが買われない時代 これからの働き方はどうすればいいのか。

こんにちは。
お富です。

 

最近は世の中の流れがとても早いですね。

 

働き方も生き方も
10年前とはガラッと変わっているように感じます。

 

今までは
「たくさん稼ぎ、たくさん物を持つ」
ということが幸福だと思っていましたが

 

今は
「必要十分稼ぎ、本当に必要なものだけを持つ」
ということが幸福になってきているなーと感じます。

 

 

最近の若い人は
「良い家に住み、良い車に乗る」
ということを目指すのではなく

「家も車も何も持たず、本当にしたいことをして、シンプルに生きていく」
ということを目指している人が多いと思います。

 

 

こう考えると
これからの働き方も生き方も変わっていきますね。

 

 

今までは「たくさん作ってたくさん消費してもらう」
というのがビジネスで大事な考え方でした。

 

工場で物をたくさん作り、
たくさんの人に買ってもらうことで
ビジネスが回っていました。

 

しかしこれからは、
物を欲しがらない世代になっていくので
物が買われないから
たくさん物を作っても仕方がないということです。

 

そうなるとやはり僕らの働き方も
考えないといけません。

 

 

今の働き方は
戦後と同じ働き方です。

 

40年前、30年前、20年前と
働き方はほぼ変わっていません。

 

物が無い時代だったら
工場に勤めて物をたくさん作る働き方は良い働き方でしたが

今は物に溢れかえっているので
物を作る意味がなくなります。

 

 

今後は今ある工場も
倒産してしまうかもしれません。

大企業の工場でも
もしかすると工場閉鎖、または倒産も考えられます。

 

 

これからは物を持つことによる幸福ではなく
精神的な幸福が重要視されていくと思います。

 

だから僕らも精神的幸福を考えて
仕事をしていった方がいいですよね。

最近YouTubeを見ていて
こんな生き方いいなーと思いました。

〜オフグリッドな生き方〜 Yosuke Zen Moriya
https://youtu.be/xpQjNW8v5UE

この人は以前は会社員でバリバリ働いていたようです。

 

しかし時間に追わせ精神的に疲れ、
自分の人生をよく考えたと言います。

 

「こんな人生でいいのか?」
「いま思っている幸福は他人が作ったものなのではないか?」

 

そんなことを思い、会社を辞め、
ハワイに移住しました。
しかもハワイの森の中に移住しました。

 

電気も水も何もないところです。

 

そこに自分で家を建て、
ソーラーパネルで電気をつけています。

 

食料は森でフルーツや野菜を栽培して
収入はネットで得ているようです。

 

まさに必要十分で生きていますね。

 

 

まぁここまでの生き方というのは
なかなかできませんが
憧れるところがあります。

 

好きなことをして生きている人は
輝いてますよね。

 

 

お金を追い続けてもゴールはありません。
追い続けても不安や恐怖やストレスがあるだけだと思うんです。

 

だから
「自分はこうなったら幸せだな」
という線引きってすごく大事だと思います。

 

 

「会社員を辞めて子供の幼稚園の送り迎えがしたい」
とか
「夕飯を家族と一緒に食べたい」
とか
「家族をディズニーランドに連れて行ってあげたい」
みたいな小さなことでも

「こうできたら幸せだな」という線引きって大事ですよね。

 

 

ゴール地点を決めてから仕事をすると
良い働き方ができると思います。

 

 

今日は「これからの働き方」に
ついて音声を録りました。

 

 

【これからの働き方と生き方〜自分の世界を作る】
http://shinjitomizawa.com/20191115.mp3
約16分

 

 

アフィリエイトをするにしても情報発信をするにしても
これからは「自分の世界観を作る」というのが大事だと思います。

 

人と競争するのではなく
自分の世界を作り、それに共感してくれる人を集めていく
というのがこれからの働き方であり生き方だと思います。

 

 

ぜひ音声を聴いてみてください。

それでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。